適塾の訓戒

こんなときオスラーより

「医者がこの世で生活しているのは、人のためであって自分のためではない。けして有名になろうと思うな。また利益を追おうとするな。ただただ自分を捨てよ。そして人を救うことだけを考えよ。」

医学は己の利益をかえりみない、「人類への奉仕」なのである。