Celiac Sprue・・・ティアニーのパールより

「かつては稀と考えられていたが、抗体検査はこの疾患の頻度が稀とは言えず、臨床的に多様な疾患であることを示した。」

セリアックスプルーでは吸収障害がないにもかかわらず、鉄欠乏が単独で観察されることがあります。現在では多くのレストランがグルテン・フリーのメニューを宣伝しているように、オーバーな反応もあります。実際には、この疾患はそこまで頻度は高くありません。

※抗組織トランスグルタミナーゼ抗体が測定できます。

 

いわゆるグルテンアレルギー、グルテンによる消化管の炎症。奥平先生の著書によると、3週間程度のグルテンフリーで確認できるようです。

 

以下MSDマニュアルより

(セリアックスプルー、グルテン腸症、非熱帯性スプルー) セリアック病は、小麦や大麦、ライ麦に含まれるタンパク質のグルテンに対する遺伝性の不耐症であり、小腸の粘膜に特徴的な変化を起こし、吸収不良が生じます。 タンパク質のグルテンの摂取後に、腸の粘膜に炎症が生じます。