統合失調症のケースレポート18

ORTHOMOLECULAER TREATMENT OF CHRNOIDC DISEASEより

B.A.1956年生まれ

1977年B.A.はカルト宗教に入信するために大学を中退した。何年か後に家へ戻った時もまだ、多幸感と宗教的信念にとらわれていた。初診時、幻視と幻聴(神からのメッセージだと確信していた)があった。パラノイド、思考の途絶、抑うつ症状にあった。1983年2月24日3週間ほど入院した。その後回復を続けた。彼はこの8年間ほどフルタイムの仕事を継続している。

Tofranil(25mg in the morning), Anafranil(50mg at bed), Elavil(59mg at bed), nicotinamide(1000mg/3x per day), ascorbic acid(1000mg/3x per day), pyridoxine(250mg /day), zinc sulfate(220mg /day), and Nozinan(125mg/day)