鉛・・・ティアニーのパールより・・・役にたたないけれど、面白い知識

「特に米国南東部の説明のつかない腹痛患者には、密造酒について聴きなさい。肯定したなら鉛中毒が診断である。」

特に米国のある地域では、他の地域でも同様かもしれませんが、いくばくかの人々が彼ら自身でアルコールを造っています。彼らはそのために大きな容器を必要とします。これらの容器によく用いられるのは相当量の鉛を含んだ古い車のラジエーターです。したがって、蒸留される過程で鉛がお酒に溶出します。このように、多彩な毒性を由来とする慢性鉛中毒、他のどんな鉛の源も、開腹を必要としない腹痛の鑑別疾患に含まれるのです。

 

以下ウィキペディアより・・・・鉛中毒の歴史はローマ帝国時代からあったようです。

鉛摂取ルート

ヒト、野生動物、家畜、ペットの主な摂取ルートとしては以下のような経路が知られている。
鉛含有の塗料片 – 道路標示塗料[9]、鉄製橋梁や構造物の防錆塗料[10][11]、住宅用壁塗料、陶磁器用絵の具[12]など。ただし、橋梁防錆塗料については2000年頃から使用量は減少している。
鉛(合金を含む)金属片の摂食や誤嚥 – 漢方薬(珍氏降糖)[13]、ダイビング用おもり[14]、魚釣り用おもり、散弾・鉛銃弾遺残症[15][16]、カーテンのおもり[17]
鉛(合金を含む)金属微粉末や蒸気の吸入 – 鉛精錬工程[18]、鉛合金の加工工場、ハンダ付け作業、有鉛ガソリン
汚染水 – 廃鉱からの漏出、廃棄された鉛蓄電池、家電製品や電気機器に使用されていたハンダからの溶出

かつて白粉に鉛白が使用されていた時代には、日常的に多量の白粉を使用する役者などに鉛中毒が見られた。日本では、1934年(昭和9年)に鉛を使用した白粉の製造が禁止された。また、鉛をほとんど含まない鉛フリーハンダも開発されており、欧州連合においては2006年7月1日から従来の鉛を多く含むハンダの使用が原則として禁止された。

特に野生動物の場合は、
食物連鎖のルート – 鉛に汚染された水・土壌で育った動植物、それを食べた上位動物
狩猟で使われる銃弾(散弾、ライフル)の半矢状態で体内に残存した場合
鳥が小石と間違えて飲み込む場合(鳥は消化を助けるため、適当な大きさの小石を飲み込んで砂嚢に蓄える習性がある)、鳥が鉛中毒になる[19]。なお、狩猟用銃弾において北海道では、2014年10月1日から鉛弾の所持が禁止された[20]。

日本では1980年代末頃まで水道管の給水管新規工事には(鉛管)も使われており[21][22]、その水道水を飲料水に用いた場合は鉛が鉛イオンとして溶け出し、その水道水を長期間飲むことで体内に鉛が蓄積され、鉛中毒になる場合もあった。その後、1995年には全面的に禁止されており[23]、新しい水道管に鉛管が使われることはない。

かつて、ガソリンのオクタン価を高めようと鉛化合物をガソリンに混ぜた有鉛ガソリンが広く出回っていた当時には、その危険性を示そうと赤や緑に着色されていた。しかし、日本国内においては無鉛化の動きにより、1980年代後半までにすべてが無鉛ガソリンに置き換わっている。この無鉛ガソリンが、現在のガソリンスタンドで給油できるガソリンである。ただし、レシプロエンジンを搭載する航空機用ガソリン (AvGas) では、現在でも有鉛ガソリンが使われている。

「鉛#鉛害問題の対策」も参照

ローマ帝国における鉛中毒[編集]

ローマ帝国では水道管に鉛が使われていたため、慢性的に鉛中毒者を発生させて衰退の一因になったという説もあるが、批判もある。主な理由は2つある。1つは、水道内部に分厚く沈着したカルシウム炭酸塩が鉛管の内側にも付着し、鉛と流水を効果的に隔離したこと。もう1つは、ローマ水道における鉛管部分はごくわずかに過ぎなかった(総延長のほとんどは石造だった)うえ、現代と違ってローマの水道には蛇口の栓というものがなく常時垂れ流しだったため、鉛の溶出が問題になるほど長時間に渡って水と鉛が接触することはなかったことである[24]。だが、古代ローマではサパと呼ばれる酢酸鉛を主成分とした甘味料が多く摂取されていたことから、鉛中毒が多く発生したと考えられている。なお、この時代からすでに鉱山などの事例により、鉛が健康被害をもたらすということは知られていた。また、古代ローマ人は頻繁にワインをたしなんでいたことから、ワインの製造器具に鉛が多用されており、醸造過程で鉛が多く混入してローマ人の健康をむしばんだ可能性も指摘されている。実際、ヘルクラネウムで発掘された古代ローマ人の人骨からは高濃度な鉛が検出され、鉛中毒の被害が疑われた