時間の使い方、子ども時代に大切なこと。

上より引用

人生は短く、あっという間だ。

余計な物を消費するために働いて、

そのために時間が逃げていったとしたら、

それは幸せなんだろうか?

 

働くことは必要だ。

働かない者は、働く人に負担をかけることになるし、

仕事は希望でもある。

 

でも、いろんな物を買い込んで、

支払う為に働くことに人生を費やすなんて、

どうかしている。

物やお金を貯めるかわりに、

生きるために時間を使うことだ。

 

わたしがシンプルでいるのは、

そのほうが自由だから。

自由とは、自分のための時間なんだ。

なかでも子ども時代はもっとも幸福な時期だ。
大人は子どもをせかさないでほしい。

 

子どもは遊んで、遊んで、遊んで、幸せにならないといけない。
知識、知識、知識、情報、情報、といそいで与えないで欲しい。

 

子どもはゆっくり育つべきなんだ。

 

いまは物をたくさん作らないといけないから、
経済的に価値のある人材を作ろうとしている。
はやく稼げるようになる勉強ばかりさせて、
子ども時代を台無しにさせている。
そして、8歳や9歳で小さい大人のような子どもを期待している。

 

しかし、子どものときをたっぷり生きてこそ、
知恵と人格のある大人になれるんだ。