非ホジキンリンパ腫・・・ティアニーのパール

「病期に関係なく、非ホジキンリンパ腫と診断されたすべての患者において、疾患は診断時に全身的でそれに沿った治療が必要と推測される。」

ほとんどのホジキンリンパ腫患者では、あたかも腫瘍は1つのリンパ節から始まり、整然と隣接するリンパ節群に広がるようにみえます。しかし、増加している非ホジキンリンパ腫患者の臨床経過を観察すると、多病巣性の起源が示唆され、大半の非ホジキンリンパ腫の患者には、化学療法による全身的な治療が行われます。フローサイトメトリーは、病因の明瞭化、正しい治療選択に役立ちます。

 ホジキンと非ホジキンでは性質が異なる。日本では非ホジキンリンパ腫が圧倒的に多い。

 悪性腫瘍は、それぞれに性質がかなり異なり、治療法も同じではない。