統合失調症ケースレポート5 

ORTHOMOLECULAR TREATMENT OF CHRONIC DISASEより

S.D.1953年生まれ

ミッドティーンの頃、彼女はてんかんの大発作と小発作に苦しめられた。抗てんかん薬の内服により痙攣をとめることができたが、その頃より抑うつ状態となった。彼女は7回ほど精神病院へ入院し、何度か電気痙攣療法を受けた。それから、バンクーバーのハリウッド病院へいき、さらに電気痙攣療法をうけ、ビタミン療法を開始した。彼女はずいぶんとよくなった。1979年に私が彼女を診察した時には、まだ幻視と幻聴(自分の身体を傷つけるよう命令してくる)があった。煙草の火で皮膚を焼いたことがなんどかあった。彼女は大変混乱し、抑うつ状態で、神経質であった。

1980年1月15日から3月4日に入院した。1984年10月にとても難しく冷淡な男性と結婚した。この男性は2つの仕事をかけもちしていた。彼女は1986年7月7日から13日に入院した。

1989年の夏に、彼女は治療プログラムを中止した。主たる原因は夫が治療の価値を認めなかったことである。そして、彼女は再発した。家庭医が栄養療法を再開し、彼女は改善して現在にいたる。

 

Modecate(50mg intramuscularly every two weeks), Anafranil(50mg befor bed), niacin(2000mg/ 3x per day), vitaminC(4000mg/day), folic acid(5mg/day), and zind gluconate(100mg/day).

1979-80(10times), 1981-82(6times), 1983-84(13times), 1985-86(15 times), 1987-88(8times), 1989-90(2 times), 1991-92(3 times).