不安障害とSugar Metabolic Syndrome

Orthomolecular Medicien for Everyoneより

日本の栄養状況は、鉄蛋白不足が下記に加えて存在することだと考えられています。

 

オーソモレキュラー医療者は、神経症の生物学的側面に興味を持ち続けてきた。

栄養失調によっておこる疾患群が存在する。

不安障害は気分(ムード)の変調をきたす病気である。

気分の変調は、正常人より激しいレベルで起こる。

 

不安障害などの神経症は、知覚の変調(幻視や幻覚)、思考障害などはなく、統合失調症とは異なり、うつとも区別される。

不安障害の診断は、正常な反応との区別がつきにくい。

 

不安障害は栄養失調によりおこる。

不安障害の2大原因は、ビタミンB群の不足と、過剰な精製糖質である。(どの栄養の不足も不安の原因となりうるが)ビタミンB群が重要なのは、必要量が多いからであろう。

精製糖質の過剰摂取は”Saccharine Disease“とよばれてきた。しかし、研究者達はこのメジャーな疾患を認めてこなかった。栄養については後回しか、全く考えられないことが多い。