Zollinger-Ellison Syndrom・・・ティアニーのパールより

「経鼻胃管で即座に下痢が止まる。この疾患に典型的である。」

 ゾリンジャーエリソン症候群に典型的な胃酸の著しい過剰分泌のため、低いpHによって小腸の酵素は不活化され、下痢がもたらされます。経鼻胃管は胃酸を除去し、正常の消化管運動を復活させます。胃潰瘍は単独ではこの疾患においてけして認められません。もし存在したら、1つ、もしくはそれ以上の数の小腸潰瘍が常に合併しています

以下MSDマニュアルより引用

ガストリノーマはガストリン産生腫瘍で,通常膵臓または十二指腸壁に発生する。結果として胃酸の過剰分泌と進行の速い難治性の消化性潰瘍が生じる(ゾリンジャー-エリソン症候群)。診断は血清ガストリン濃度の測定による。治療はプロトンポンプ阻害薬および外科的切除による。