統合失調症のケースレポート4

ORTHOMOLECULAR TREATEMEN OF CHRONIC DISEASEより

E.B.1953年生まれ
 1974年E.B.はパラノイドで引きこもりになった。自分が、周りの人間に笑われていると信じていた。数ヵ月後彼女は回復した。初診のとき、彼女は声を聞き、また以前アパートにあったテープレコーダーの声が聞こえていた。彼女は再びパラノイドとなり、人々が彼女について噂話をしており、過去に彼女に対して陰謀をめぐらしていたと信じるようになった。(車の事故を仕組まれているとも考えていた。)盗聴されているとも感じていた。抑うつと疲労感がひどく、3回ほど入院した。1981年6月18-22日、1981年12月11-19日、1982年9月4日-1月4日。1985年彼女にはまだ幻視が見えていた。黒いローブを着た人達が彼女のアパートを歩きすぎていった。年の中ごろにはきえていった。幻聴はさらに数年彼女を悩ませた。しかしこの3年あまりこれらの症状は消失している
Thorazine(500mg / day), nicotinamide(4000mg/ day), vitaminC(3000mg/ day)を内服。
1979-80(5回)、1981-82(14回)、1983-84(11回)、1985-86(14)、1987-88(14回)、1989-90(9回)1991-92(7回)受診。
 彼女はまだ仕事へ復帰できていないが、ずいぶん改善している。