25年後に・・・こんなときオスラーより

幅広く、かつ満足すべき人生観を持つことができるのは、2つの視点から物事が眺められるときである。1つは、「うら若き青春が露と消えぬ間に、まばゆいばかりに輝く暁光を浴びて」丘の麓に立ち、これからの旅立ちを心待ちにしているときである。もう1つは、丘の頂点に立って沈む夕日の投げかける長い影を眺めるときである。
ロバート・ブラウニング「ピパが行く」より

指導医は、自分の知っていることすべてを教えようとする。これは間違いだ。生徒がどこに関心を持っているのかを的確につかみ、そのことにフォーカスを当てて限られた知識を与えることこそが、効率的な教育なのである」と。
ローレンス・ティアニー

 

知っていること全てしゃべりたくなる。でも、それではダメなんですね。