精巣癌・・・ティアニーのパールより

「20-35歳の男性患者の悪性腫瘍の最も多い原因は精巣腫瘍である。通常、患者自身が責任病変に気づき、その後医師のもとを訪れる。」

生検には腫瘍細胞が生検針の侵入路に沿って播種するリスクがあるため、いくぶん苛酷と眼に映るかもしれませんが、精巣腫瘍を診断するためには片側の睾丸摘除術が必要です。患者は生殖力を維持できます。今日では、実質的にすべての例で、診断時に腫瘍が転移していたとしても治癒が見込めます

 

睾丸には、悪性リンパ腫もあります。リンパ腫はできない場所がほとんどないかのようです。