コウノメソッドとサプリメント

認知症のコウノメソッドでは1)CDPコリン(シチコリン)、2)NAC 3)フェルガード 4)プロルベインを推奨している。(食事はケトン食)

・コリンはボーっとした患者に。250mgを朝と夕に。 シチコリンの代用品として。
・NAC(Nアセチルシステイン)はグルタチオンの代替として。600mgを1日1-3回。副作用で眠気が出る場合は、夕のみにする。歩行障害がターゲット。認知機能が良くなる患者もいるそう。これはグルタチオン注射でも同じことが言えるのではないか。
・フェルラ酸は、薬以上に効果があると河野先生は考えている。
多くの実践医の見解として、特にピック病にすばらしい効果をもたらす。
・プロルベインは動脈硬化に対して。

・私個人は、ビタミンB50コンプレックスとDを併用してもらうことが多い。(他のビタミン等も勧めたいが、なかなか困難)。フェリチンが低い場合が結構あり、鉄を補うと気持ち(不安など)が落ち着くケースがある。それだけでも家族に喜ばれる。プロテインも勧めたい。 糖質制限あるいはケトン食は実行不能なケースが多い。