なぜ玄米はヒーローになったか?

小西伸也先生の本より。

1900年台前半、脚気が国民病であったころ、玄米に含まれるビタミンB1が、脚気を劇的に改善させた歴史がある

これが、玄米が身体に良いという日本人の共通認識の基になっているようです。

今日的、かつ分析的に考えると、「ビタミンB1を摂れば良い」「別に玄米である必要は無い」ということになるかと思います。

(1939年12月1日 白米禁止と7分つき米の強制)

100g中のビタミンB1含有量・・・白米-0.02mg  玄米=0.16mg 豚ヒレ肉=0.98mg