独創的になるためには

まったく新しく突飛なものを見つける特殊な嗅覚を持つ少数の人が独創的なのではない。

すでに古いとみなされたもの、誰でも知っているようなまったくありきたりのもの、多くの人が取るに足りないと思って安易に見過ごしてきたものを、まるでとても新しいものであるかのように見直す眼を持つ人が、独創的なのだ。