腹痛・・・ティアニーのパール

「若い女性を診察しているときは、腹痛に関する病歴は一時棚上げしてまずは尿の妊娠反応を行いなさい。」

女性患者にとってはきまりが悪いかもしれない病歴について論じる必要はありません。地球には60億もの人間がいます。しがたって、特に子宮外妊娠破裂などの妊娠合併症は、きわめてありふれたものなのです。大げさではなく通常の手続きとして、妊娠反応の検査を行ってください。患者の命を救う可能性があります。

 実際的な教え。ルーチン検査にしてしまってよいのですね。