うっ血性心不全・・・ティアニーのパールより

上記より

初診時に両心不全を認めたら、2つを考える。1つは拡張型心筋症、もうひとつは収縮性心膜炎

 うっ血性心不全のほとんどは、高血圧、心筋虚血、弁膜症によって起こります。ですから、起座呼吸、発作性夜間呼吸困難のような左心不全の症状が、初期の臨床経過の主なものです。患者の最初の臨床像が、頚静脈圧の上昇、下肢浮腫のような右心不全の兆候を示したら、心筋症、もしくは収縮性心膜炎のような類似した症候群が存在する可能性があります。おそらく心筋全体が障害を受けています。