胃癌・・・ティアニーのパールより

酸がなければ、潰瘍はない。無酸症患者の胃潰瘍は100%悪性である。」

すべての消化性潰瘍は、胃酸の存在を必要とします。多くの胃潰瘍では分泌低下を示しますが、十二指腸潰瘍では分泌過剰です。良性の潰瘍の形成には、いくらかの酸の存在が必要なのです。すべての健常者では、少量のヒスタミンアナログ注射後に酸分泌が増加しますので、ヒスタミンアナログによる刺激によって、患者が本当に無酸症であるかを判定します。

 

ヒスタミンは胃酸の分泌を増加させる。

ヒスタミンは、アレルギー反応に関与する。

抗ヒスタミン薬(ヒスタミンの作用を押さえる)は、眠気やだるさや認知機能の低下をおこすことがある

ナイアシン(ビタミンB3)はナイアシンフラッシュ(高ヒスタミン血症)をおこす。

アスコルビン酸はヒスタミンと結合して、ヒスタミンを分解するといわれている。