統合失調症のケースレポート13

ORTHOMOLEDULAR TREATMENT OF CHORIC DISEASEより

A.B.1962年生まれ

私がA.B.にあったのは、1年間の闘病と1ヶ月の入院の後であった。退院後、学校へ行けず、家庭で通信教育を受けていた。初診前4ヶ月間ほど、ビタミン療法を開始していた。初診時の問診で、彼は人に見られている感じ、過去に見た幻視と幻聴、人々が彼の悪口を行ったり、攻撃しようとしていること、などについて話した。彼は抑うつ状態でもあった。1980年10月27日に入院してもらったが、父親が重病となり、母親から帰宅するよう依頼があり、1日で退院した。1987年母親が近くの病院へ連れて行った。そこで彼は20日にわたりDr.Moke Williamsの治療を受けた。そこから彼は次第に回復してきた。現在かなり改善している。

Nicotinamide(3000mg/day), vitamin C (3000mg/day), Ativan(1mg befor bed), Anafranil(50mg before bed)

彼は1992年6月10日、1年に1度のチェックを受けに受診した。この2週間わずかに気分が落ち込むこと以外は問題ないとのことであった。問題はこの1年で20ポンドほど体重が増加したことであった。母親も彼の状態がよいことを認めていた。

再診

1979-80(4times), 1981-82(0 times), 1983-84(1 times), 1985-86(2 times), 1987-88(1 times), 1989-90(1times), 1991-92(2 times)