防日区隔室を備えよ・・・こんなときオスラーより

 

オスラーは客船で大西洋上を航海中に、「船に備え付けられた防水区隔室のおかげで、船は沈まずに航海できる」という構造を知り、人生にも、防水区隔室のようなものが必要と考えた。すなわち、人生という航海においても沈没しないために必要なのは、”日”を区隔する部屋であると考えたのである。

 意味はよくわかりますが、「それができれば苦労しないよ」ということもあります。