虚血性脳卒中・・・ティアニーのパールより

「脳卒中と思われる患者では、50%のブドウ糖液を50ml静脈投与するまで脳卒中と診断できない。」

すべてのパールのなかで最も由緒あるパールがこれでしょう。この意味は、重篤な代謝性障害ではいかなる神経学的症状も実際に惹起されるということなのです。脳には代謝性の原因によって実際に無症候性の血流低下部位が生じ、これは低血糖で最も頻繁に認められます。このことを覚えているすべての臨床医は、その医師のキャリアにおいていくつかの脳卒中を元にもどすことができるでしょう。

 

有名なパール。実際に経験したことがあります。「由緒あるパール」という表現が、面白いです。