異物誤嚥・・・ティアニーのパールより

「レストランで客が倒れ、しゃべることができなければ、これが診断である。ハイムリッヒ法を試みなさい。患者を救うでしょう」

レストランで非常によく見られる異物の誤嚥は、口腔衛生の不良な客に認めます。したがって、通常よりも大きな肉のかたまりを嚥下しようとする傾向があります。アルコールが入っていることが稀ではありません。気管が閉塞しているときにハイムリッヒ法を試みると、胸くう内圧の急速な上昇をもたらし、異物を吐き出させ、劇的な回復をもたらします。

 

”ティアニーのパール”とはいえないほど、一般的なパール。クリント・イーストウッドがレストランで人を助けたのが有名。
子どもが飴玉をのどにつまらせたり、大人はステーキが危険。
特別に難しくない。一般の方も、ユーチューブで勉強しておけばできる。

「備えよ常に」・・・ボーイスカウトの標語