パーキンソン病・・・ティアニーのパールより

「嗅覚消失が運動失調の出現する数年前に存在するかもしれない。第1脳神経の診察が重要である数多くの理由のひとつである」

病理の解剖学的な評価において、レヴィ小体が嗅球に認められる可能性があります。嗅覚の障害は他の神経学的異常と同様にこの病態の症状なので、それは驚くには当たらないでしょう。振戦、固縮、運動緩徐が出現する数年前から、患者自身が頻繁に嗅覚の障害に気づいていることは特記すべきことです。

 

嗅覚が鈍い感じがありますか?」という問診が、予防上も役にたつかもしれません。