パニック障害・・・ティアニーのベスト・パールより

これは若い患者が頻繁にクリニックを受診し、具体的な所見が得られないときに最初に考慮すべきものの1つである

パニック障害の症状はとても多様なので、頻回の救急外来受診がこの病態における慣例です。飛行機への搭乗、人前で話すことへの恐怖はこの診断はバリエーションです。興味深いことに、一部の人々では1回の発作でこの疾患の診断がつくかもしれません。早期の認識は医療システムの過剰利用を回避する結果をもたらすかもしれません。

 
 確かにバリエーションが豊富だと思います。
外食をするとはくのではないか、どきどきしてくる」「コンビニに入ると棚につっこんでいきそうで、怖くてコンビニへ入れない」などなど

 診断も、治療も実は簡単なことが多いと思います(多くの場合)。治療はもちろん栄養療法です。