Miriam Kalamian 4歳の息子が脳腫瘍に・・・

 癌に対するケトン食の本をだしているMiriam Kalamianのインタビュー

 2004年に4歳の息子が脳腫瘍と診断された。14ヶ月にわたる化学療法、引き続いて放射線治療、手術を受けたが、腫瘍の増大をおしどどめることができなかった。2007年どうしようも無い状態となった。 この時点でケトン食ダイエット(1日糖質15-20g以下)を開始。3ヶ月後のMRIで腫瘍の縮小(10-15%)が認められた。3年後に脳のダメージが大きかったことが原因で亡くなったが、腫瘍が大きくなることはなかった。