Hyperactivity and other learning and behavioral disorders(過活動性と学習および行動障害)

ORHTMOLECULAR TREATMENT OF CHRONIC DISEAEより

抗精神病薬メチルフェニデート:(リタリン)と類似薬に対する批判と裁判が起きている。しかし、裁判所も論争も子どもを治すことはできない。”ぼろぼろの両親”(エイブラム・ホッファーの言)は、今こそどう行動するべきか知る必要がある。  ”薬にノーを”栄養学にイエス”を。

55年以上にわたり、ホッファー医師は、多くの行動障害の子どもにビタミンサプリメントを与えることで改善させてきた。ジャンクフードを食べないことを、子どもに直接指導した。子どもはホッファーの指導を理解できた。しかし、多くの大人達はたずねた。”なぜそんなによい方法なのに、多くの医師はその方法を採用していないのか?”その答えは、医学のサイエンスでなく、医学の政治が理由である。ホッファーによると、DSMシステム(アメリカ精神医学会の標準方法)は診断にも治療にも役立たない。なぜなら、どんな言葉を使ってこれらの子どもを分類しようと、結局薬物療法を適用するしかないからである。(多少違うアプローチがあるにせよ。)もしすべての診断方法がなくなっても、治療は何も変わらないだろう。両親にとっても何も変わらない。医学会はこのような発言を気に入らないだろうが。

 

ADHDなどの学習障害児に対する栄養療法に”十分な科学的エビデンスがない”という人に、この章では十分な根拠を示す。     A.W.S.