ばち指について・・・最も有名なパールの1つ

 パールが有名でも、指を見る習慣がなかったら見落としてしまう。

慢性閉塞性肺疾患の患者にばち指を認めたら、胸部CTスキャンを撮りなさい。肺癌が診断である。」

 ばち指は、ほとんどの型の肺癌、先天性心疾患や化膿性肺疾患で認められます。しかし、慢性閉塞性肺疾患では観察されません。慢性閉塞性疾患と肺癌の両者と喫煙の関係から、慢性閉塞性肺疾患の患者にばち指を認めたら、医師は慢性閉塞性疾患にしばしば合併する肺癌の存在を強く疑わなくてはなりません。