女性の声で診断

ティアニー先生のベスト・パールより引用

 「女性患者が電話をかけてきて、ゆっくり、かすれた声で、いつも寒いのですがと話したなら、粘液水腫と電話ごしに診断できる。」

コメント:患者さんの爪、皮膚、歯、眼球結膜の色、態度、雰囲気、話し方など、その気になってみていないとわからない。 最近、鉄不足の女性のいらいらして落ち着かない感じはすぐわかる。人の話が聞きにくそうな感じがするのです。(当てはまらない人もおられます。)