困ったときは大泥棒の言葉を・・・Suttonの法則

上記より引用

Willie Sutton(1901-1980)は、人を1度も殺めることなく幾度も銀行強盗を成功させたという世紀の大泥棒である。彼がある記者から取材を受けたとき、「なぜ銀行を襲うのか」と聞かれた。彼はこう答えたという。「Because that’s where money is(そこに金があるからさ)」

 

当時の医学生や研修医たちは肝障害の原因を明らかにしようとルーチンの検査や座学進めていくことに時間を費やしていた。Dock医師はそれに対して「彼女の肝臓を傷つけている”何か”がそこのいあるのだから、なぜそれを調べることに時間を費やそうとしないのか」というメッセージを大泥棒Suttonの言葉を通して送ったのである。その後、原因検索のためその女性の肝生検が行われ、病理医からいったんは「陰性」という結果が返ってくるのだが、Suttonの法則の話に深く感銘を受けた学生の一人が根気強く顕微鏡と格闘した結果、肝組織の中に小さな住血吸虫の卵を発見することができたのである。

 有名なサットンの法則です。