血清シスタチンC、ビタミンCの尿検査への影響

上記より

シスタチンCは血清クレアチニン値より感度が高い

血清クレアチニン・・・GFR 30mL/min前後まで悪化しないと上昇しない。

血清シスタチンC・・・GFR 70 mL/min前後から上昇する。

 

②血清クレアチニン値や尿素窒素は食事や筋肉量、運動の影響を受けますが、血清シスタチンCは食事や筋肉量、炎症、年齢、性差の影響をうけない。したがって、小児や老人、妊産婦などでも正確に測定できる。

 

③ビタミンCには強い還元作用がある。尿試験紙のうち酸化反応によって発色する「ブドウ糖」「潜血」「ビリルビン」「亜硝酸」は反応が弱められ、偽陰性になることがある。