中道とは?

高校の倫理の授業で、中道について習いました。(中庸だったかも?)

「中間をとって、バランスをとることか?」「なんとなくつまらん」と感じました。

実は、ブッダの言ったことは、「両極端な考えを持つな」ということらしい。

 

物事を単純化して判断するのはやめなさい

物事はいつも、実際に思うよりも複雑である。」

ステレオタイプな考えにならないように

「物事をきちんと分析し、その物事にもっともあった対処をしなさい」

 

これは、誰もがはまり込む罠だと思います。単純化すると頭がすっきりして、判断しやすく、行動方針も立てやすい。そして、継続して考えなくなる

 

政治について意見を述べると、すぐ単純にあいつは右とか左とか・・・。

あの人は○○の出身だから・・・。あの人の宗教は○○だから・・・。あの人は○○の学校出身だから・・・。あの人は○○のグループだから・・・。

栄養療法の効果を目の当たりにした人の中には、一般の医療行為や薬を全否定したくなる人もいる。(もちろんケースバイケースですよね)

 

以下引用

極端な考えを持っているとき、人は思考停止に陥っています。その考えが一番正しいと信じ込み、他の考えは一切受け付けないようになっているからです。

そういう「極端な考え」は、人の持つコミュニュケーション能力や問題解決能力を封じ込めてしまうと思われます。

本来、人は、相手の話を聞いたり、情報を分析したりして、問題解決のためのもっといい手段を考え出そうとします。

しかし、「極端な考え」に陥ってしまえば、相手の事情を考慮したり、状況や情報の分析を一切しようとしなくなります。当然、問題解決の手段としては欠陥だらけとなりがちですし、さまざまなトラブルを生じさせることになりがちです。