強迫性障害・・・ティアニーのパールより

「これらの患者は彼ら自身の行動に洞察を有している。もし洞察がなかったら、精神疾患の可能性が高い」

自己洞察の存在は患者が思考における基礎的な疾患を有していないことを示し、したがって、これは精神疾患ではありません。強迫性障害の多くの患者はよく役目を果たすのですが、手を洗うといった行為を繰り返すことによって、周りの人々の生活は妨げられ、日々の生活を正常に過すのに支障をきたします。

 

ここでいう”精神疾患”は統合失調症のことでしょうか?