スプーンネイル未満の爪所見

 

鉄欠乏性貧血のスプーンネイルは有名ですが、典型的な所見はそこまで多くありません。

スプーンネイルはコラーゲン合成がひどく低下し、最終的に行き着いた姿といえるでしょう。

スプーンネイルになっていなくても、低フェリチン血症がわかる所見があります。

すなわち、鉄不足にグラデーションがあるのと同様に、爪の変形にも程度があるようです。

 

奥平先生の「うつぬけ食事術」には、下のようにあります。

・形 丸いアーチがない、ぺったんこ、薄い
正常 アーチがある
鉄欠乏 アーチが少ない

・かたさ  やわらかい、もろい、割れやすい
・音 爪きりで爪を切るときにパッチン!と音がしない
・色 白っぽい、光沢がない
・温度 指先が冷たい

青色強膜・・・結膜の色から、鉄不足がわかる。やはりコラーゲンの合成低下による。

鉄欠乏症の爪 写真