食事で犯罪を減らせれるか?

ORTHOMOLECULAR MEDICINE FOR EVERYONEより
オックスフォード大学の研究者らは、若者の食事にビタミン類やその他の栄養を加えることによって、犯罪を25%減少できることを見出した。管理の厳しい施設において230人の若い違反者が試験に組み込まれた。半数の者は、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸を服用し、半数の者はプラセボを服用した。研究者らは個人個人の犯罪のタイプと頻度を記録した(試験の9ヶ月前と試験中の9ヶ月間)。プラセボ群と比較すると犯罪率が25%減少していた。暴力犯罪については40%の減少を認めた。彼らは、食事療法は経済効果の高い犯罪を減らす方法であると結論付けた。