ティアニー先生 骨粗鬆症とビタミンD

ナンバー97 骨粗鬆症は骨の悪性疾患ではないが、とてつもない不自由をもたらす。

 このやっかいな病態は、慢性的な疼痛、身長の低下、そして、ちょっとした外傷においてすら骨折をもたらします。さらに、かつて考えられていた以上に、ビタミンD欠乏症は骨密度の問題を助長させることが、最近わかってきました。