体重減少の原因は?

上記より引用

体重減少患者にすべき初期検査
・血液検査:血算(分画)、MCV,電解質、カルシウム、血糖、ALP、BUN、Cr、AST, ALT, T-BIL、ESR/CRP、UA
胸部単純X線写真
・便潜血検査

体重減少のある悪性腫瘍患者で有意にみられる異常値
・年齢 80歳以上  オッズ比 3.4
・白血球数12000以上 オッズ比 3.6
・アルブミン3.5以上 オッズ比 0.15
・アルカリフォスファターゼ 300以上 オッズ比 11.9
・LDH 500以上  オッズ比 12.5

血液内科医はLDHを腫瘍マーカーとしてチェックします。 ALPもかなりオッズ比が高いですね。
多いのはやはり消化器の悪性腫瘍でしょう。