開放隅角緑内障・・・ティアニーのパールより

「今日、このよく理解されていない病態は視神経炎の1型と信じられている。眼圧の上昇は病態生理学的には一次的ではなく二次的なものである。」

開放隅角緑内障の原因は、緑内障のどんな患者でも大きく変動することが以前から知られていた眼圧の上昇よりも、視神経の機能異常によって、より惹起されることがここ数年の研究によって示されました。実際に眼圧は1日のうちで変動することがあります。ベータブロッカーの点眼を受けている心不全患者は、稀に、薬の全身的な吸収によって息切れの悪化をきたします。また、気管支喘息の患者も症状の悪化をきたすことがあります。

 病名がわかりにくいですね。 緑内障の方への処方は注意が必要。
使いにくい薬
①ステロイド薬
②抗コリン薬(抗アレルギー薬、抗不安薬、睡眠薬、かぜ薬、心臓の薬、気管支拡張薬など)