食道がん・・・ティアニーのパール

「正確にいえば、嚥下困難は、ほぼ常に解剖との関連が存在する数少ない医学上の症状の1つである。食道がんでは頻繁に嚥下困難を認める。

嚥下困難の正確な定義は、飲み込むのが難しくなることです。嚥下困難は痛みを伴うことを必ずしも意味しません。患者は、ほぼ正確に閉塞の部位を差し示すことができます。最近、食道の腺癌が増加してきていることがわかってきました。おそらく、長期間の胃食道逆流がバレット食道を引き起こし、その発癌の特性が原因なのでしょう。

 私の患者さんも、自分の病気の位置を正確に指さしました。