多発性のう胞腎・・・ティアニーのパールより

診断のついていない腎不全患者でヘモグロビンが正常なら、これが診断である

 

腎臓ののう胞がエリスロポエチンを産生しているので、他の慢性腎不全で頻繁に認める腎性貧血は、エリスロポエチンの血中濃度が高いため治療されています。加えて、中年の患者に高血圧、腹部の腫瘤、高窒素血症を認めたら、詳細な家族歴を聴かなくてはいけません。これが診断の可能性があります。

・・・訳者注 最も注意すべき合併症は脳動脈瘤である。

のう胞腎は超音波検査で簡単に見つけられるので、診断は比較的簡単です。しかし、「エコーをしてみよう。のう胞腎かもしれない?」と思うことが難しい