糖尿病合併症のメカニズム

上記より

 

神経障害:末梢神経は「神経栄養血管(Vasa nervorum)」によって栄養されている。糖尿病ではこの微小血管が破壊されるため、末梢神経は栄養を断たれてしまう。

胃不全麻痺:糖尿病では胃および腸管の伸展に対する知覚が低下するが、これもまた消化管に影響を及ぼす神経障害の部分症である。

増殖性網膜症:微小血管の機能不全により、網膜への血流が低下する。

網膜周辺部の血管から、血管増殖を刺激する液性因子が放出される。過剰増殖した網膜血管が視覚を妨げる。

 胃不全麻痺は、バーンスタイン「糖尿病の解決」に詳しく書かれている。要するに、「食後に胃が動かなくてもたれる。」症状。ガスモチンなど胃を動かす薬が用いられる。

 糖尿病合併症は、微小血管が酸化ストレスにより傷害されることによって引き起こされる。腎臓も微小血管の塊である。