前立腺がんについて・・・ティアニーのベストパールNo.53

下より引用

 

PSAによる前立腺がんスクリーニングは終わりなき論争中である。前立腺がんの1%は小細胞癌であり、それゆえPSAは正常であることを覚えておきなさい」

 世界中で高齢男性の人口が増加していますので、前立腺癌スクリーニングの一貫した戦略は必須です。アフリカ系米国人の若年男性といった一部のグループの前立腺癌は、かなり侵襲的な経過をたどります。しかし、いったん70歳を過ぎると、治療が生存期間を延長するのかどうか、論争の余地がでてきます。どのような年齢層における前立腺摘除術も、泌尿生殖器系の除神経による歓迎されない多くの後遺症を確かにもたらしますから。

 難しい点は、多くの方が、「早期発見早期治療がよいこと」と思っておられることです。

 近藤先生の「癌もどき論争」からも時間が経ちました。 
 
 専門家は、早期発見、積極治療の見解が多いと思いますが、懐疑的にならざるをえません。