ビタミン類の摂取は肺がんのリスクを50%減少させる。

2018年5月22日 再掲

Orthomolecular medicine of chronic diseaseより

ビタミンB(B6,メチオニン、葉酸)の血清濃度が高いヒトは50%肺がんの発生が少ない。

研究はいくつかの欧州の国で行われた。

  38万5000人参加。 平均年齢は64歳。 889人に肺がんが発生。

喫煙者でも、旧喫煙者でも、非喫煙者でも同様の結果であった。

Refferences
1.Johansso M, JAMA 2010 Jun 16;303(23);2377-2385
2. Xu X. J Genet Genomics 2009;36;203-214.
3.Larsson SC. JAMA 2010;303;1077-1083.
4. Ames BN. J Nucleic Acids 2010;pill:725071