大量ビタミン療法に対する反論

Orthomolecular Medicine For Everyoneより引用

ビタミンC大量療法は感冒を数時間内に止め、インフルエンザを1日で止め、ウイルス性肺炎を2日内に止める。ビタミンCは非常に有効な抗ヒスタミン剤、抗ウイルス剤、そして抗毒剤である。 ビタミンCは炎症を減少させ、熱を下げる。あなたの担当医はこれらを信じないかもしれないが、これらは信じるかどうかの問題ではなく、経験的事実である。

多くの人々は、(この話を聞いて)、なぜ医療関係者が、ビタミンCの効果を臨床試験で確かめれないのか不思議に思うだろう。多くの臨床試験は、効果が証明できないように設定されている。使われるビタミンの量が少なすぎるのである

 

「高用量ビタミンC療法には、未知の副作用があるに違いない」という考えが広がっている。しかし、フレデリック・R・クレナー医師が1940年代にビタミンC療法を導入してから今日まで、驚異的な安全記録を更新し続けている。安全で有効なベンチマーク的な治療プログラムと考えられている。